とこクラ 浜辺に作られた交易の村、スエヒロ村

とこやさんちのマイクラ、とこクラのコーナーです。

先日紹介した谷の村(サウスカタクラ)の開発を続けております。
せっかくなので村に鐘を作ろうと思い、私の本拠地と目と鼻の位置にあるスエヒロ村に行きました。スエヒロ村は最も交易が盛んでベテラン村人が多く鐘も売っているので。

そこで気付きました。とこクラでスエヒロ村をまともに紹介していなかったんですね!
他のページで少し触れたりしたのでそれで紹介し終わったと錯覚していたみたいです。

せっかくですから何もない浜辺に移民により作られた新しい村、スエヒロ村を紹介します。
スエヒロ村A (2).jpg


マイクラの村人はエメラルドを通貨として物の売り買いが出来ますよね。
私や息子もエンダーパールやらなにやら要り様な物が多かったですから、金稼ぎとして農作物を作ったりして村人に販売しておりました。
交易先は当時開発が行われ規模も拡大していた「マグマ湯本村」が最も多かったのですが、本拠地より西に位置するマグマ湯本は「ハコネ渡洋鉄道」で毎回移動する必要があり、さらに村人だけでなく息子とも物々交換している私は頻繁に本拠地に戻らなくてはならずマグマ湯本に長期滞在できなかったんですね。
※マグマ湯本村の紹介はこちら↓
http://gamecenterfr.seesaa.net/article/471638138.html


さらに当時マグマ湯本村周辺地域は嫁さんの軍事的圧迫を受けておりまして、私と息子はマグマ湯本より先の探検が外交上の理由から難しくなったのですね。マグマ湯本より先にあるゴウラ村も嫁さんに占領されてしまいましたし。

そんなわけでマグマ湯本まで行かずとも交易できる村が近くにあれば…と思うようになり、兼ねてから計画していた新しい村の建設を実行したのです。


それが要衝スエヒロステーションに隣接するスエヒロ村。
スエヒロ村A (10).jpg


ちょうど嫁さんの占領しているゴウラ村とマグマ湯本の連絡用に水路が作られまして。この水路を海に繋ぐことによってマグマ湯本の村人を簡単にボートで連れ出すことが可能になったのですね。
これにより、マグマ湯本の増えすぎた村人をスエヒロターミナル裏手の何もなかった浜辺に移住させ出来たのが「スエヒロ村」です。
スエヒロ村A (11).jpg
スエヒロ村A (1).jpg
スエヒロ村A (7).jpg


元々は石造りの建物にたくさんのベッドと職業ブロックを置いただけの「スエヒロ労働センター」だけの村でしたが、それだけだとまるで収容所みたいだったので徐々に他の建物も建てて今の形に至ります。労働センターは今も村の中央に宿泊施設として多くの村人が寝泊まりしています。
内部はこちら。なんの芸もないw やはり収容所!?
スエヒロ村A (5).jpg


周囲は浜辺やサンゴ礁もありますしリゾート地みたいなものですからね。収容所にする必要はないのです。

観光的な意味合いの象徴がこちら。この木造の建物は「寄席」です。
スエヒロ村A (4).jpg
スエヒロ村A (6).jpg


たいした建築テクも使わず出来が良いわけでもないし小規模ですが、私の個人的な意思でどうしても落語の聴ける村民の憩いの場を作りたかったのです。

まぁ落語家がマイクラの世界にはいないような気がしますがw


ちなみに寄席は舞台袖から半地階の楽屋につながっております。
スエヒロ村A (9).jpg
楽屋は通路(水路)で私の本拠地側の出入口と繋がっておりまして、村人から見ると私が舞台から現れ村を訪れるという自己満足の演出ができるようになっております。


寄席はゲームに関係ないですが、本拠地と至近距離にできたこのスエヒロ村はマグマ湯本に代わる最大級の交易拠点となり、寄席から現れた私が本拠地で生産されている農作物を中心とした大量の交易品を持ってきて村人達からごっそりエメラルドを巻き上げるという状況が頻繁に見られるようになりました。
これにより大量のエメラルドと色んなものが手に入るようになり、特に弓矢の安定した供給は今も私と息子に大きな影響を与えております。


あと村の隅には小さい神社が建立されております(ちゃんと神主もウロウロさせてる)。
スエヒロ村A (3).jpg
神社とは特別な理由がない限り南か東向きに建てられることが多いとのことですが、この神社は西を向いております。

これは理由があって、スエヒロ村の起源であるマグマ湯本村が西にあるからなんですね。西向きなのは村人のマグマ湯本への想いを象徴しているです。

決して東向きと南向きの神社を建てるのにちょうど良いスペースがなく、こじつけみたいな理由で西向きにしたとかそういうわけではありません。まぁ正直に言えばこじつけなんですが。


そんなわけでスエヒロ村でした。

最後にスエヒロ村の語源になった新宿末廣亭のリンクを貼って締めたいと思います。
https://suehirotei.com/